感染源によってはタミフルが効かない場合もある

インフルエンザウイルスは変異がすごいと言われています。人間に感染するインフルエンザウイルスだけでもすごい種類がありますし、それらが日々変異しているのです。ただし、多くのインフルエンザウイルスの症状は同じなのでインフルエンザウイルスに感染したからといって死亡するような重症になることは少なくなっています。また、予防接種などで使われるインフルエンザウイルスの型も統計的に大半の方に効き目があるように設定されて利用されています。しかし、予防接種の場合は型がはずれると効き目がなくインフルエンザウイルスに感染してしまいます。ただし、多くの場合、感染源が同じなら同じインフルエンザウイルスの型であることが多いので予防や対処はしやすくなると言われていますが、感染源が特定するまでには時間がかかるので自己防衛も大事です。特にインフルエンザウイルスの予防接種、また、うがい、手洗いなど自分でできることはしっかりおこなっておきたいものです。感染源が判明するまではうがいや手洗いが予防でもっとも効果的ですが、さらに効果を上げるために予防接種以外にタミフルを飲んでインフルエンザウイルスに感染しても増殖を抑えることも大事です。タミフルは医師の処方箋が必要ですが、タミフルを個人輸入することもできるので購入している方も多いようです。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がありますが万能ではありません。タミフルが効かないインフルエンザウイルスもあります。その場合はリレンザなどが利用できますが、タミフルが効かない場合でも増殖効果が完全に無いということもないので飲んで損はありません。また、効かない場合でもうがいや手洗いで口から体にいれなければ問題ないのでうがい、手洗いはよくしたいものです

トップページへ