タミフルと税区分と異常行動との関連の疑い

インフルエンザはわたしたちにとってもっとも脅威となり得る感染症といえます。感染症は衛生環境の整った日本の生活環境では、一時的な流行がほとんどですが、インフルエンザは年を重ねるごとに新型が発生してしまったり、より繁殖力の強いウイルスへと変化しています。
そんなインフルエンザの特効薬であったタミフルも、相次ぐ服用者の異常行動によって規制がかかってしまい、未成年者の利用などに関しては保護者の同意などが必要となりました。この抗インフルエンザ薬タミフルは備蓄分の覇気が行われるなどの処理が行われており、その背景には日本政府の税区分上のやり取りが関与しており、多くの税金が無駄にされているとの疑いも持たれています。タミフルは税区分上は非課税取引の品物となっています。また、おおもとのタミフルの利権を持っていた企業に関しても、利権の譲渡などでトラブルも疑いがあり、さまざまな裏事情があるこのタミフルという薬。
強力すぎる効果のため、未成年者を中心に異常行動が多く確認されたタミフルですが、抗インフルエンザ効果が非常に強いことは確かなので、インターネットなどから個人的に輸入をする方なども多いといいます。しかし、こうした個人輸入は多くの危険が伴います。また、税区分的にも正規の方法で購入するよりも料金が割高になってしまいます。こうした正規でない流通が栄えてしまうと、薬の価値も違法な物になってしまうので社会的にも悪影響がります。また、タミフルの異常行動との関連性が疑われている中、薬の存在も危険視されています。異常行動との関連性の疑いは、主に未成年者にもたれており、医師の適切な処置に於いてのみ処方されるので個人的な輸入は危険であるといえます。

トップページへ